チューダー「ブラックベイ フィフティ-エイト」

ロレックス(ROLEX)の創立者ハンス・ウイルスドルフ手がけるウォッチブランド・チューダー(TUDOR)は、「ブラックベイ フィフティ‐エイト」のシルバー925、18Kイエローゴールドを使用した新作腕時計を発売。

「ブラックベイ フィフティ‐エイト」に新作腕時計

「ブラックベイ フィフティ‐エイト」は、チューダー初の200m防水を誇り通称“ビッグクラウン”として親しまれている名作ダイバーズウォッチ「Ref.7924」の発売年・1958年にちなんで命名された腕時計。1950年代の特徴的なプロポーションは維持しつつ、小ぶりな39mmケースサイズを採用した。

いずれのモデルにも、時針、分針、秒針を備えた高精度でタフな「マニュファクチュール キャリバー MT5400」を搭載。腕時計としてくみ上げられた状態で日差が−2秒から+4秒という、スイス公認クロノメーター認定よりも高い基準を達成している。また、約70時間のパワーリザーブも魅力だ。
ブラックベイ フィフティ-エイト 925

新作の1つである「ブラックベイ フィフティ-エイト 925」は、チューダーのダイバーズウォッチでは初のシルバー925製オープンケースバックを採用。オープンケースバックは、堅牢性、信頼性を兼ね備えた「マニュファクチュール キャリバー MT5400」を映し出している。

マットなトープカラーのドーム型ダイヤルに、ホワイトであしらわれたアプライドのアワーマーカーが映える。ストラップは、シルバーバックル付きトープカラーのジャカードファブリックストラップ、もしくはブラウンのグレインレザーストラップの2種から選択可能だ。

フェラガモでおすすめのバッグ—フェラガモ(Ferragamo)


エレガントでいて実用的
イタリアを代表するラグジュアリーシューズブランドのフェラガモは「高級靴」というイメージが強いですが、バッグブランドとしてのフェラガモには”エレガントで実用的”という大きな魅力が備わっています。

実際に靴作りで培われた技術や機能性の高さは、バッグ作りにも活かされています。

アイコニックなダブルガンチーニがアクセントになったハンドバッグ。スクエアフォルムのスタイリッシュなデザインと、2つのコンパートメント+ジップ付きで機能性も十分あります。

優雅なフラップポケットと3つに分かれたコンパートメントが特徴的なフィアンマバッグ。

丸みのある可愛いフォルムが素敵な小ぶりなハンドバッグ。取り外しなショルダーストラップと、後ろには便利なジッパーポケット付き。

転載先:http://design-dtp.net/40dai-bag/

エルメスのブランドタグとは|洋服の年式とデザイナーを見分ける判断方法

■はじめに

エルメスの洋服は世界最高峰の品質を誇り、その着心地と細部の作りで世界中のセレブたちを多く魅了しています。

今回はそんなエルメスの洋服から、レディースのブランドタグについて読み解いていきたいと思います。

■エルメスのブランドタグ

1990年代後半~2000年頃

▼タグの特徴

ブランド名・・・欧州系の書体によく見られるカスロン書体に近いデザイン
タグの特徴・・・横長の長方形、裏面に生産国が刺繍されている

エルメス ポーチ 偽物

▼当時のデザイナー
マルタン・マルジェラ
フランス発のブランド、メゾンマルジェラ(Maison Margiela)の創始者です。
メゾンマルジェラはブランド名の記載がなく、数字が並んでいるだけのカレンダータグが有名です。
マルタン・マルジェラは表舞台にはほとんど顔を出さず、写真もほとんど存在していない、非常にミステリアスな人物と言われています。
2008年にデザイナーを退任してなお、その作品はクラシックなシルエットと独創的な視点が同居するワードロープが長きに渡って人気を集めています。

マルタン・マルジェラがデザイナーを務めた時代のエルメスの洋服は今でも根強い人気があり、年齢問わず全世界のファッショニスタたちがこぞって探しているアイテムです。

2005年~2015年頃まで

▼タグの特徴

▼当時のデザイナー

ジャンポール・ゴルチエ(2005年頃)
ジャンポール・ゴルチエは1976年にフランスで自身の名を冠したファッションブランドを設立しました。
ゴルチエは1952年にフランスに生まれ、独学でファッションを学びました。その後、デザインのスケッチをスタイリストに送ったことをきっかけに、ピエール・カルダンに認められ、1970年にメゾンに入ります。
1976年に初のアクセサリーコレクションを発表し、同時にプレタポルテコレクションにデビュー。1976年にジャンポール・ゴルチエ社を設立、独立しました。

マドンナの舞台衣装やSUPREMEとのコラボレーションなど、クリエイティブな活躍を続けるジャンポール・ゴルチエ。アバンギャルドでパンクの精神を持ち合わせ、個性的なアイテムを手掛けています。

▼クリストフ・ルメール(2011年以降)
フランス・ブザンソン出身のクリストフ・ルメールは1990年に自身と同じ名のファッションブランドを立ち上げました。
彼は文学を専攻後、ファッションに転向。アトリエ・セーブルを卒業した後、ティエリー、ミュグレー、イヴ・サンローランのデザインスタジオを経て、1986年から1990年は、ジャン・パトゥ、クリスチャン・ラクロワのアシスタントとして活躍。
1987年にはギャラリーラファイエット財団賞、Andam賞も2度受賞し、2002年にはラコステのアーティスティックディレクターに就任。ブランドの再生に貢献しています。

日本人も馴染み深いUNIQRO Uのデザイナーを務めるクリストフ・ルメール。
着る人の個性を生かすための強さと静寂の完璧なバランスを追求したデザインが特徴的であり、根強い人気を誇っています。

■最後に

ブランドタグとデザイナーの年式での移り変わりを覚えていれば、今までとは違った視点でエルメスの洋服を見ることが出来るのではないでしょうか。
もしかしたら、好きなデザインは全て同じデザイナー、なんてこともあるかも知れません。

自分の好みに合ったエルメスの洋服を、年式別・デザイナー別に探してみてはいかがでしょうか。

セリーヌ

国:フランス 
ニコールリッチ、リンジーローハン、ニッキーヒルトンなど海外セレブ愛用でも有名♪
セリーヌは「大人のバッグ」なら絶対に外せないフランスの高級ブランドです。

人気のバッグ♪

セリーヌラゲージバッグ

ラゲージ 
海外セレブや有名人も多数愛用しているセリーヌの定番♪
コンサバにもカジュアルにも色々使える、オールマイティなバッグ。

セリーヌリングバッグ

リング 
ラゲージを、よりシンプルに仕上げたようなデザインが特徴。
時代に左右されないラグジュアリーなバッグです。

セリーヌベルトバッグ
ベルトバッグ 
大人カジュアルに最適☆ 長めのベルトがアクセントになったバッグです。

アマンダの2020年の休日願望リスト

私はファッションで働く人々についての理論を持っています。第一のタイプは、ファッションで働くことが彼らの欲望を買い物するだけである人々です。カナダグース コピー CANADA GOOSE 彼らの前の美しいものの全ては、彼ら自身のクロゼットのためにインスピレーションに毎日翻訳します、そして、彼らの季節願望リストは毎年長くなります。第2のタイプは、ファッションへの露出が彼らの個人的な美学を少しずつ毎日狭くして、最終的に、彼らを彼らを彼ら自身のように感じさせる部分を見つけた均一なドレッサーに変えます人々です。私は2番目のグループの一員です。


私の個人的なスタイルでその段階的なシフトは、ウィッシュリストを作成します。潜在的な贈り物を取り除くことは簡単です、私と私のために買おうとするかもしれない人々のために。私がそれが好きであるものを見つけることは、私がすでに持っている何かのように正確でありません、しかし、しかし、はるかにトリッキーです。あなたは私にコップとしてファンシーキャンドルを購入することはできません-私の好きな香り(ジョーマローンブルーアガベ&カカオ)は、中断され、私は彼らの隠し場所を持っている私のドレッサーでsquirreled。


すべての上に、私の誕生日はクリスマスイブです。CANADA GOOSEそして、それは彼らの休日の買い物リストに私に十分親切であるかもしれない誰のためにでも圧力を倍増させます。これを読んで、単に私に贈り物カードを買うか、夕食に私を連れて行くために選ぶ友人または家族のために、私は完全にあなたの買い物欲求不満を理解します。完璧な世界では、しかし、下のものは、私が今年木の下で見つけるものです。

スタルビ(Stalvey)とボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)からのセレクションが注目されるに違いない

スタルビ(Stalvey)とボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)からのセレクションが注目されるに違いない
そして彼女たちは……

Celeb-Bags

セレブ—bags
これらの鮮やかな色に惑わされてはいけない——私たちはまだ真冬だ!しかし、大型で肥満で毛むくげなげっ歯類の予言を信じると、今年の春はかなり早い。今年、私はげっ歯類を信じる動物を選びました。2020年1月はとても難しいので、私たちは2月になったことを嬉しく思います。私はここに来たのだと思います。ほかの人は?)いずれにせよ、ハンドバック・ニュースの中で、有名人はフェラガモ、サンローラン、バーバリー、スターヴィー、ボッテガ・ヴェネタの最新のハンドバックを披露している。名人にとって一月は、私のように長く非情だったのではないか。私たちはいつまでたっても正確な状況を知らない。
1/7分の1
カア(Kaia
カイア・ガーバー(Kaia Gerber)は彼女のサンローラン(Saint Laurent)のサイン・バックを持ってアパートを探しているところを撮られた。

1

kaia—gerber

現在はFARFETCHで購入している

2/7分の1
レオネHanne
高級カテーテルファッションウィークに戻ってしばらくの間、ブロガー/影響力のあるレオニー・ハンナは明るいオレンジ色のボッテガ・ヴェネッタという麻の花の包みを持ってアレクサンドル・ヴォティエ(Alexandre Vauthier)の2020年春夏のファッションショーを離れるのを見られた。

2

leonie—hanne

現在はバードフ・グッドマン(BERGDORF GOODMAN)が購入している
3/7分の1
Haileyビーバー
これはヘイリー・ビーバーがロサンゼルスのダンススタジオを離れて華麗なSupreme x Louis Vuitton Keepall Bandouliere 45を連れて行った

3

hailey—bieber

ルイヴィトンバッグはFASHIONPHILEで購入する

4/7分の1
エミリRatajowski
ニューヨークに戻ると、これは明らかに露見した天気ではない。エミリー・ラタホキス(Emily Ratajowksi)がニューヨークを散歩しているのを見て、本物のprimo croc Stalveyトップ・ボストンバッグを持っている。

4

醍醐味—ratajowski

現在はSTALVEYで購入している
5/7分の1
ソフィア・カーソン
女優のソフィー・カーソンが、米オンラインのビルドシリーズの外で黒いフェラガモのボxyzバッグを持っているところを撮られた。

5

sofia—carson

現在はSHOPBOPで購入しています

6/7分の1
irina shayk
Irina Shaykはバーバリーの肺結核の綿入れを持って、マンハッタンの中心街を散歩しているところを撮られた。このモデルは彼女の最近の流行のモデルである。

6

irina—shayk

現在はnet-a-porterで購入している

7/7分の1
コリアンOlympios
最後に、『ワンダー・ガールズ』に出演したコリン・オリンポスが真っ赤なシャネル・ボーイのバッグを持ってクレイグの部屋を出ていくのを見た。

7

東コレを『ダサい』で終わらせている時点でブランドにそれ以上の伸び代なし

日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏の「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」が10月14〜19日に開催される。冠スポンサーがアマゾン ファッションから楽天に変わって初めてのファッション・ウイークとなるため、関係者からの注目は高い。しかし結局は、人を呼べるブランドが参加しないとファッション・ウイークは盛り上がらない。そこで、海外で活躍する日本人デザイナーや「RFWT」に参加するブランド、新進気鋭の若手らに「どんな東コレだったら参加したい?」というテーマでアンケートを実施した。「RFWT」開催期間中から10月28日の東京ファッション・ウイーク特集発売の週まで、回答の一部を連載形式で紹介する。今回は、10月11日にオフスケジュールでショーを行った「マラミュート(MALAMUTE)」の小高真理デザイナーと、東京から海外に飛躍した「ファセッタズム(FACETASM)」の落合宏理デザイナーが登場。

191011_rakuten_02.webp東コレに参加し、ブランドの認知度向上やイメージの確立に役立ちました。ただせっかく参加するのならば、ブランド単体では借りることが出来ない東京ならではの建造物など、メイン会場以外の提案もほしいです。またオーダーの締めや生産、納期のことを考えると少しでも早い方がより参加しやすくなります。

東コレに参加したことで、国内外のさまざまな人に見ていただくことが増え、認知度が上がったことが世界でデビューするきっかけとなりました。中でも、東コレを介してジョルジオ・アルマーニさんの目に留まり、ミラノメンズの公式スケジュールでショーを発表する機会を頂いたことはブランドにとって大きな転機になりました。だから東京でファッションを発表できることは、本当に貴重なこと。ブランドが表現したいことが明確であれば、やり方次第で東京から世界に面白い発信はいくらでもできます。東コレを「盛り上がっていない」や「ダサい」などで終わっている時点で、ブランドにそれ以上の伸び代はないんじゃないかな。

北欧で見つけた“売れる”ブランド バイヤーやインフルエンサーからも高評価

2020年春夏シーズンのコペンハーゲン・ファッション・ウイーク(以下、CFW)が8月6〜9日に開催された。今季はストックホルム・ファッション・ウイークとオスロ・ランウエイが開催中止とあって、多くの北欧ブランドがCFWに参加する流れとなった。5月に来日した「セシル バンセン(CECILIE BAHNSEN)」やインフルエンサーからの支持が高い「ガンニ(GANNI)」など、デンマークを代表するブランドは世界的にも注目度が高まっている。彼らに続くアップカミングな北欧ブランドを発掘すべく51ブランドのショーやプレゼンテーションをチェックし、スウェーデン発の「ロジャー(RODEBJER)」と「リトル リフナー(LITTLE LIFFNER)」に目が留まった。

190902_hokuo_12.webpCFWに参加して4シーズン目となるウィメンズブランド「ロジャー」は、インフルエンサーから特に高い評価を受けた。創始者のカリン・ロジャー(Carin Rodebjer)はスウェーデンで生まれ育ち、ニューヨーク州立ファッション工科大学(Fashion Institute of Technology)を卒業して1999年にアメリカで同ブランドを始動した。スウェーデンで数々のファッションアワードを獲得し、現在はストックホルムとオスロに1店舗ずつ旗艦店を構えるほか、北欧の主要な百貨店など約20アカウントで販売する。

「ロジャー」は既存の社会的規範にとらわれず自由に生きていきたいと願う女性に向けて、リラックスしたラグジュアリーウエアを提案する。モダンとクラシックを融合した洗練されたデザインで、日常の気分を高めてくれるような服をそろえる。今季は特に、体を締め付けないゆとりのあるサイズ感と、肌触りのいい素材にこだわったという。モロッコ・マラケシュの都市から着想を得て、ザクロやジャスミン、イチジクの葉など、アラビアの庭園に咲くボタニカル柄をプリントした。風に舞うドレーピングと地面にまでつく長いフリンジがなめらかに揺れて、リラックスムードを漂わせていた。価格帯はトップス250ユーロ(約3万円)〜、アウター700ユーロ(約8万4000円)〜。ショーを見たインフルエンサーのステファニー・ブルーク(Stephanie Broek)は、「ポップな色彩に満ちたブランドが多いCFWにおいて、タイムレスで落ち着いた『ロジャー』のコレクションは親しみが感じられた。価格帯も含め、実用性にも長けている」とコメントする。

今シーズンがCFW初参加の「リトル リフナー」は、次なる“IT”バッグを生み出しそうな有望株だ。CFWに参加した業界関係者のほか、街中でも同ブランドのバッグを持つ女性を頻繁に見かけた。すでに日本でも高島屋やトゥモローランド(TOMORROWLAND)、ラカグ(LA KAGU)など8アカウントで取り扱われている。

ブランドを立ち上げたのは、雑誌編集者としてキャリアを積んだスウェーデン出身のポリーヌ・リフナー (Pauline Liffner)。北欧のシンプリシティーとイタリアの職人技を組み合わせ、機能性を重視したバッグを作ることに専念したという。ブランドのシグネチャーは、曲線美を生かしたミニマルなデザインだ。2012年にデビューして間もなく、ユークス ネッタポルテ(YOOX NET-A-PORTER)をはじめとするECサイトを中心に世界中にアカウントを増やしていった。CFWでのプレゼンテーションを見たプランタン百貨店のレオ・バード(Leo Bird)=ウィメンズバイヤーは「南フランス時代のアンリ・マティス(Henri Matisse)から着想を得たというコレクションは『ジャックムス(JACQUEMUS)』のようなフレッシュなカラーで、高品質なレザー製品がそろっていた。1シーズンしか見ていないけれど、デザイナーはいいストーリーテラーだと思う」とコメントした。スタイリストでインフルエンサーのデボラ・ローザ(Debora Rosa)は、自身で購入したという同ブランドのバッグを持ってプレゼンテーション会場に現れた。「リフナー自身にキャリアウーマンとしての経験があるからか、現代の働く女性が必要とするバッグのサイズ感や重さ、デザインなどを理解してくれている。『そうそう、こういうバッグが欲しかったの!』と、思わず声を上げたくなるようなバッグが多い。デザインがよく高機能なので出番が多く、私の周りではリピーター率も高い」とブランドに心酔している様子だった。

ELIE INOUE:パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける

北千住の好調セレクトショップが示す「地域オンリーワン」の価値

約半年前(2018年10月)に取材した北千住のセレクトショップ、アマノジャクの定点観測を続けている。着々と売り上げを伸ばしており、月商は500万円を優に超えるそうだ。取材当時からは1.5倍以上、オープン直後(同年8月)からすれば約4倍の規模に達した。取材時に目標に掲げていた「月次売り上げ1000万円」(共同経営者の大津寿成さん)に順調に近付いている。

記者と同年代(20代後半~30代前半)の3人による共同経営とあって、応援したい気持ちはもちろんあったが、「こんなセレクトショップの不毛地帯でお店が運営できるのか……?」と一方で疑問を感じていたのも事実。だが、彼らは良い意味で予想を裏切ってくれている。北千住駅から徒歩10分程度の“天の邪鬼”な立地は、都心のショップとはまた違う客を呼び込んでいるようで、東東京や他県のファンもしっかり付いているようだ。

442.webp販売成約率は50%以上。オープン当時から信条としていた「まごころ接客」は、しっかり結果に結びついている。立地が立地なこともあり、来店客は1日平均10~15人程度と、決して多くはない。だからこそ、客一人一人の服の好み、職業、趣味といった情報は「カルテ」としてファイリングし、何よりも大切にしている。再来店の客の顔を覚えていないなんてことはないし、カルテを基にした手厚い接客に加え、服を選んでいる間は無料で靴磨きもしてくれる。

地道な努力は顧客の継続的な来店につながっており、18年秋冬は「100万円以上買ってくださるお客さまもいた」という。また、都会と下町の雰囲気が混じり合う、この地域ならではのエピソードも。「この前はふらっと立ち寄ってくれた近所のおばあちゃんが、(山形のニットブランドの)『バトナー(BATONER)』のニットを買ってくださいました」(大津さん)。

同店は今秋冬、ユニークな別注商品にも取り組む。主要顧客層は20代だが玄人好みな商品も人気で、今回の協業相手である「マイヌ(MAINU)」もそんな服を作るブランドの一つ。ビンテージテイストのメンズブランド「ハバーサック(HAVERSACK)」で経験を積んだデザイナーの真鍋嘉伸氏が「サカイ(SACAI)」の元パタンナーとともに手掛け、クラシックを基本に置きながら独特のパターンや素材使いが特徴的。14年春夏のスタートからじわじわと取扱高を増やしているが、特にアマノジャクとの相性はよく、商品は「入荷とともに即完売している」という。

別注商品は、救命胴衣から着想を得たベスト(3万8000円)と、膝部にベルトを施したワイドカーゴパンツ(4万2000円)の2型で、インラインのテーラードジャケット(5万2000円)、ウールのプルオーバー(3万1000円)と合わせて4ピース(!)で着用できる。ジャケットの上からベストなんて、ごちゃごちゃした印象になるかと思いきや、滑らかな光沢をたたえた黒色のチョークストライプの生地が絶妙にマッチして、意外とすんなりハマる。「素材や色を少し変えただけの“なんちゃって別注”には、もう皆飽き飽きしているのでは。ウチじゃないと出合えないようなものを作ってこそ、お客さまに喜んでもらえるはず」(大津さん)。別注アイテムは先行予約は6月2日まで受け付けている。

ECの台頭やセレクトショップの品ぞろえの同質化などもあり、実店舗の役割が見えづらくなっている昨今。だが、そこでしか出合えないヒトやモノがあれば、わざわざ足を運ぶ理由にもなる。「地域のオンリーワン」であり続けようという彼らの姿勢は、小さなショップがこれからの時代を生き抜くための、一つの正しいあり方ではないかと感じさせられる。

サッカー仏代表のエムバペが「バルクオム」のアンバサダーになった理由は

メンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」のグローバルアンバサダーに就任するにあたり、初来日を果たしたサッカー・フランス代表のキリアン・エムバぺ(Kylian Mbappe)が6月19日に記者会見を行った。

0112.webp会見でエムバペは、「野口(卓也バルクオムCEO)さんとは何度も話し合いをし、共通の価値観を持っていると感じ、協力したいと思った。製品も使用させてもらった。全部がお気に入りだけど、特に『フェイスウォッシュ』がいい。僕はスポーツをやっているけど、やっぱり洗顔は大事だと思う。男性も自信を持つためにスキンケアは大切。日本発の『バルクオム』もヨーロッパで成功すると思う」と語った。

一方の野口CEOは、「『バルクオム』は世界No.1のメンズスキンケアブランドを目指しているが、今回、唯一無二の強力なパートナーを得た。製品を通して使う人が自分に自信を持ってもらえたらと考えている。今後は日本、アジアだけでなく、世界中の男性に自信を与えられるように、エムバペ選手と協力して世界中に『バルクオム』を浸透させていきたい」と語った。「バルクオム」は、台湾や中国、韓国、香港とアジアを中心に展開しているが、2020年中にはヨーロッパを含め、7カ国まで展開国を増やしていくという。

009.webpブランドの在り方に関してもエムバペ選手とディスカッションを重ねたという。「エコでサステイナブルなブランドであるべきという話になった。『バルクオム』もさらに地球環境に配慮した製品作りを目指してリニューアルも検討している。今後もエムバペ選手には重要なアドバイザーとして『バルクオム』をサポートしてもらいたい」と野口CEO。

会見ではパリで撮影されたというブランドビジュアルやブランドムービーも披露された。「『バルクオム』のスタッフのおかげでリラックスして撮影に挑めた。できあがったビジュアルも期待通りで、とてもエレガント。満足している」とエムバぺ。

また「バルクオム」はエムバペの社会貢献プロジェクト「インスパイアード バイ KMプロジェクト(INSPIRED by KM Project)」をサポートするほか、エムバペが所属するフランスのフットボールクラブ「パリ・サンジェルマンFC(Paris Saint-Germain Football Club)」とアジア地域でのパートナーシップを締結。契約は7月1日から2年間となる。

会見の最後に初来日の感想を聞かれたエムバペは「日本人はすごく親切。またぜひ来たい。来年の東京オリンピックも楽しみにしている」とコメントした。